Search
Search Menu

プロジェクタースクリーンの選び方

大人数で映像を楽しむならば、プロジェクタースクリーンが便利です。

プロジェクタースクリーンを利用すると、壁面が家具などで占領されている場合でも、一定の面積が確保でき、明るい部屋であっても映像をきれいに映し出すことができます。

また、映像に歪みが出ず、映像を細部まで確認することが可能なのです。

プロジェクタースクリーンの生地は、映像を映す側を幕面といい、4つのタイプに分かれます。

家庭用として一般的なタイプは、マットと呼ばれる拡散タイプです。

プロジェクターから投射された光を均一に反射するため、明るさが均一で、画質面が優れているという特長があります。

幕面にビーズを敷き詰めて、投射された光を重点的に帰す特性があるのが、ビーズと呼ばれる回帰タイプです。

回帰タイプは、マットタイプに比べて、明るい部屋でも鮮明な映像を見ることが可能です。

投射された光を、鏡のように反射する性質を備えているのが、反射タイプです。

スクリーンに小さな穴が無数にあり、背面に設置しているスピーカーの音を透過させることができるタイプが、音響透過タイプと呼ばれるサウンドスクリーンです。

映画館では、この音響透過タイプが使われています。

スクリーンは、用途や予算によって選びます。