Search
Search Menu

プロジェクターのメーカの特徴

プロジェクターは電子機器や家電を取り扱う様々な企業から発売されており、メーカー毎に製品や技術に比較的ハッキリとした特徴が出る製品となっています。

幾つか例を挙げると、まずカメラ製造技術に長けたcanonの製品は、レンズ性能と精度の高さが特徴となっています。至近距離からの投影が可能な超短焦点型の製品も販売されており、定評があります。

次に挙げるSANYOは、現在はパナソニックにて商品サポート・新製品開発が行われています。SANYO時代から小型でも大画面向きというハイエンド製品に強い傾向にあり、特に業務用製品の評価が高くなっています。

3つ目に挙げるのが、HITACHIです。スマートプロジェクターと呼ばれるポータブルタイプが製品の主力となっており、机上への投影を可能とする技術を導入する等、ビジネスシーンでの活用がし易いという評判を得ています。

そして最後に挙げる三菱ですが、こちらは2013年にプロジェクターからは事業撤退しており、新規製品の供給は途絶えています。ですが高輝度で画像の鮮明さが高い点については技術的評価が高く、修理サポート・各種部品の供給は継続されていて、未だ現役で稼働する製品については一定以上の評価を得ています。