Search
Search Menu

プロジェクターで大切な輝度とは

最近は、個人で様々なセミナーを開く人が増えています。

セミナーを開催する時に重宝するのが、プロジェクターです。

プロジェクターには、様々な種類があり、選ぶのに迷ってしまうという人も少なくありません。

セミナーや会議、コンサートなどで使う製品を選ぶ時に、最も重要だと言われているポイントが明るさです。

明るさは、光の色合い、輝度とも呼ばれます。

プロジェクターは、スクリーンに投射して映像を見るまでに外光による減衰が生じるため、照明のコントロールができない場合、本来持っている明るさを発揮することができないのです。

照明を落とすことが可能な会議室などであれば、輝度が低いプロジェクターでも大丈夫ですが、大きな会場や明るい部屋などで使う場合は、高輝度な製品が必要になります。

プロジェクターの明るさの単位は、ルーメンです。

蛍光灯も、ルーメンが単位となっています。

ルーメンの値が大きいほど明るくなります。

プロジェクターは、どのような場所で使うかによって、選び方が違ってきます。

適切なプロジェクターを選ぶことで、効果的な演出ができるので、最大の効果が発揮できる製品を使うことが大事です。

最近は、様々なメーカーが独自に開発した製品を販売しているので、性能をよく比較してから選ぶ人が多いです。